TOP > 受験カウンセリング
■  FIAは、カウンセリングを重視します!
 さて…、みなさんは帰国子女受験で、「求められる3つのこと」をご存知ですか?

  ー分自身を知ること
 ◆”要書類を揃えること
  面接では、自分の言葉で主張する


どれも当たり前に聞こえて、「なんとかなるだろう。」と考えてしまいがちです。しかし、いざやってみると…、難しいのです。FIAを飛び立った先輩たちも皆さんと同じ悩みや不安を抱えて、日本に戻り受験に備えたのです。

では、どうすればよいのか? 例えば…、

 ● 自分を知る : これから先、どのようなことを学びたいですか?
   しっかりと答えれますか?

 ● 必要書類 : 志望理由は、自分の想いを限られた文字数で表現します。
   表現力を活かして書けますか?

 ● 面接 : 台本もない「ぶっつけ本番」で、大学の先生方を目の前に…
   頭の中を整理して、落ち着いて話せる自信はありますか?

 …と、不安材料がたくさんです…。 でも大丈夫! FIAは20年以上の経験から、帰国子女受験を知りつくした教師陣とOB・OGが経験に基づいてカウンセリング・サポートします!

■ まずは、小さな疑問から解決!
 一人ひとり異なる環境・タイミングで帰国され、受験に向けて準備されることでしょう。考え始めれば、小さな疑問でも「大きな不安」になることもあります。

 どんな小さな疑問でも、FIAはお答えします。左コンテンツバーの「お問合せ」でメールで質問されるもよし。「資料請求」でFIAの詳しい資料を見るのもよし。皆さんが動き出したとき、それが帰国子女受験のはじまりです。

受験に関する詳しい資料をご希望の方は、直接FIAへご連絡していただくか、資料請求からお願いします。