2009/06/27 19:06

  2010年に大学受験をする皆さんが、この6月から7月かけてするべき勉強とは何でしょう?(その2)


                      新聞を読もう


  新聞は小論文入試でのバイブルです。家で毎朝読んでいる人は、それだけ合格に近づいています。入試に必要なテーマがほぼ出揃っていること、毎朝読むことで入試に必要な用語・漢字に触れうること、入試にずばりでるような文章が掲載されていて最近の入試で問われる「要約」問題にも対応しやすくなることなどが、その理由です。


  FIAの授業は、この新聞をとことん使います。そして、小論を書くという観点から、授業を2つに分けているのが特徴です。仝渋綣匆颪亮業では、新聞をベースに世界の出来事、文化、歴史などを拾い、これを独自の視点で解読し、生徒のみなさんに各自の意見を作ってもらうように指導します。この意見形成までいかないと、新聞を小論のために活かすということにはなりません。⊂論文の授業では、,悩遒辰唇娶を適確に原稿用紙に表現し、読み手に理解できるものになるまで指導します。


  ,魯ぅ鵐廛奪箸亮業、△魯▲Ε肇廛奪箸亮業です。


新聞を読んで広く社会を理解し、それをベースに小論入試を突破したいと思っている方は、是非ご参加ください。FIAの小論には他の予備校にはない工夫があります。「ああ、なるほど!」という感動を手に入れ、秋の入試への自信をつけましょう。


小論文担当 H.Y