TOP >  FIA Blog > 日本代表ラグビーの今後
2017/02/20 14:02


 日本代表ラグビーの今後

五郎丸ポーズが流行ったのは、2015年の秋です。南アフリカ戦に勝ってからもう一年半が経とうとしています。監督が、ジィミー・ジョセフ氏に代わってからは、あまりぱっとした成績を残していません。

それにしても、ラグビーほど英語を必要とする競技はありません。それというのも、国際試合では、レフリーからの指示が、サッカーとは比べ物にならないぐらい、数多くあるのですが、その指示のほとんどが英語であるため、英語がわからないと、レフリーとの意志疎通が全くできないからです。このために、日本代表選手の大半が英語圏出身者だし、また、代表キャプテンには、マイケル・リーチなどニュージーランド出身者が起用されています。

今後、日本出身の代表キャプテンが現れるのでしょうか。それは、今の10代の有力選手の英語力にかかっていると言ってよいでしょう。

  [ 教員コラム]  ▲TOP▲
2019年03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31