2010/06/26 13:06

 「切磋琢磨」。この言葉を2011年春の大学入学を目指してFIAでこれから勉強を始められる皆さんに贈りたいと思います。

 みなさんは、この四字熟語を読めますか。これは、「せっさたくま」と読みます。その意味は、広辞苑によると、「玉・石などを切りみがくように、勉強に励んでやまないこと、また、仲間どうしが互いにい励ましあい学徳ををみがくこと」とあります。要するに、みんなで集まって、ああだのこうだのと言いながら、時にはほめ合い、時にはけなしあって、全員が勉強の上でも、人格という意味でも、成長することだと思います。

 FIAの本科には「切磋琢磨」があります。少人数だから、先生が生徒の名前と顔を覚えていて、いつも気にかけます。また、生徒どうしも、だんだんと気心が知れてきて、わからないところを質問したり、知ってることを教えあったりする間柄になります。そして、試験の日が近づいてくると、互いに激励しあう関係に立ちます。また、人間どうしの関わりを通して、生徒が子供から大人に成長していく時期でもあります。


 
 帰国生の皆さんの中で、友人を作り、互いをみがきあい、合格を目指したいと真剣に考える方は、どうぞFIAの門をたたいてください。ここには、大手の予備校にはない、温かさと切磋琢磨があります。FIAを選んでくれたみなさんの期待が裏切られることはないでしょう。

                                           
                                          by 小論文講師