2010/06/05 13:06

昨年授業のためにと思いpenguin readersから生徒に合う本を探していました。私は個人的にサスペンスなどがすきですが、その生徒も好きと言ったので、サスペンスの本を探すことにしました。

裏表紙を読んだけではなかなか全部がわからないのですが、"The street lawyer" by John Grishamの本を見つけました。

最終的にはこの本はサスペンスではなかったのですが、この人の本に興味を持ちました。

次選んだ本が"The Brethren" by John Grishamでした。これはサスペンスで結構面白かったです。

私はpenguin readersではなく普通の小説としてこの人の本がどんなものがあるかを探してみました。"the innocent man"と"the appeal"をまとめて購入することにしました。

John Grishamはもともとは弁護士であり、その後政治家にもなり、最終的には作家となったようです。彼の本の多くは法廷でのお話が多いですが、すごくおもしろい本です。

TOEFLの勉強にはオススメの本であると思いながら読んでいました。難しい単語がすごく多いのですが、知っておくとTOEFLのreadingなどに対応できるようになると思います。ある程度の点数をすでにもっていないとこの本を読むのは少し難しいかもしれませんが、ibt 100点以上目指す人は是非John Grisham の本を読んでください。読書を楽しみながらTOEFLのスコアアップを狙いましょう!!

川島