TOP > FIA Blog
■   教員コラム
<<First  1 2 3 ...  
2017/04/20 11:04

 数ある帰国子女予備校の中で、FIAが長年支持していただける理由はどこにあるのでしょうか。わたしなりに考えてみました。
 それは、ずばり、世間の評判に従った、「いい学校」に何人いれるかにこだわるのではなく、帰国生ひとりひとりにふさわしい学校を選んであげて、そこに入学することにこだわるからです。常に、受験生ファーストであり、その人に合った学校が「いい学校」だという姿勢を貫いているからです。
 受験生ファーストに立って、志望校選びや、それに合った授業、書類作成のお手伝いを地道におこなってきたからこそ、口コミで当校のことが、広く伝わり、関西を中心として、中京圏や中国地方からも、受講生が毎年、集まってくださるのだと思います。誠にありがたいことです。
 今年も、受験生ファーストの立場で志望校の情報を集め、詳細に分析し、受講生の皆様に提供するとともに、志望校入試に照準をピッタリ合わせた受験指導に当たりたいとスタッフ一同、考えております。

  [ 教員コラム]  ▲TOP▲
2017/04/06 19:04

 FIA国際教育アカデミーのある四ツ橋筋沿いには桜があまり見られません。それでも、FIAから少し、四ツ橋筋を梅田の方へ向かうと、靭(うつぼ)公園があり、そこでは現在、水辺に桜が咲き誇っています。
 TOEICの勉強や、帰国子女入試の勉強に疲れた受験生には、FIAの誕生のころから、絶好の息抜きの場となっています。周囲には、おしゃれなCAFEもあり、とても雰囲気のよい界隈となっています。

  [ 教員コラム]  ▲TOP▲
2017/03/01 17:03

今日から3月

日本では弥生三月は別れの季節です。学校で、会社で、新しいところへと巣立っていく人々の姿を目にすることでしょう。


また、3月は花粉症のシーズンでもあります。今年は、例年の約3倍の花粉を杉の木が蓄えているとみられており、アレルギー症状のある人にとっては、受難の春になるということです。花粉症は人間だけではなく、動物にも症状が現れるらしく、激しいくしゃみに襲われるサル山のボス猿を見たことがあります。人間の場合は、最近では、医者に行くと効果のある予防薬を処方してくれる上、空気清浄機を備えているレストランや喫茶店もあるので、症状かなり軽減されるようになりました。

ところで、数年前に分かったのですが、沖縄ではスギ花粉が飛ばないので、花粉症はないのです。本当なのかと、花粉最盛期に大阪から沖縄に飛行機に乗って行ってみたところ、奄美大島上空あたりで、鼻水、くしゃみ、目のかゆみがいっぺんに止まりました。やはり、3月は沖縄に限ります。



さて、FIA国際教育アカデミーでは、今年度の授業計画や、新企画を盛り込んだホームページの作成におおわらわです。みなさまに今後も一層愛していただける帰国生予備校にするために、現在、スタッフ一同、知恵を寄せ合って奮闘中です。

  [ 教員コラム]  ▲TOP▲
2017/02/20 14:02


 日本代表ラグビーの今後

五郎丸ポーズが流行ったのは、2015年の秋です。南アフリカ戦に勝ってからもう一年半が経とうとしています。監督が、ジィミー・ジョセフ氏に代わってからは、あまりぱっとした成績を残していません。

それにしても、ラグビーほど英語を必要とする競技はありません。それというのも、国際試合では、レフリーからの指示が、サッカーとは比べ物にならないぐらい、数多くあるのですが、その指示のほとんどが英語であるため、英語がわからないと、レフリーとの意志疎通が全くできないからです。このために、日本代表選手の大半が英語圏出身者だし、また、代表キャプテンには、マイケル・リーチなどニュージーランド出身者が起用されています。

今後、日本出身の代表キャプテンが現れるのでしょうか。それは、今の10代の有力選手の英語力にかかっていると言ってよいでしょう。

  [ 教員コラム]  ▲TOP▲
2017/02/14 18:02

     「バレンタインデーにはオリジナルのチョコレートがいい。」

 今日の大阪では、寒さも少し緩み。絶好のバレンタインデーになりました。阪急百貨店の地階には、外国産の美しいチョコが、まばゆい光に輝いて並んでいます。こんな豪華なチョコをあげたら、きっと相手は喜んでくれるでしょうね。

 でも、いちばん相手に喜ばれるのは、自分オリジナルのチョコレートではないですか。海外のサイトでは、チョコレートの作り方を教えてくれています。YOU TUBEには、短期間で楽しく学べるものがあります。


 
 ですが、それらの大半は英語版です。素材の分量表示から、冗談にいたるまで、何から何まで、英語です。英語がわからないと、どうしても細かいところがわかりません。
 「ああ、もうちょっと英語ができたらいいな。」
こんな時に、英語の必要性を痛いほど感じます。

  [ 教員コラム]  ▲TOP▲
<<First  1 2 3 ...  
2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
古川コラム