2009/07/31 15:07

 夏休みも半分過ぎたのでしょうか。海外から日本へ一時帰国している生徒がそろそろ海外へ戻ってゆく時期になりました。今年はとても励みになる生徒が2人高校受験クラスで夏休み受講をしてくれました。


 そのうちの一人、ベトナムのインターナショナルスクールに通うSさんは確かな英語力をつけて帰ってゆくことになるでしょう。FIAに英語論文を送ってきてくれたときどうすれば高校2年編入の力をつけてもらえるか少々心配しましたが、もう心配は要りません。後はどのようなテーマにも力を出せるように多くのテーマにあたってみることでしょう。


 彼女は海外日本人学校から中学3年次にインターに転校しました。まだ英語で勉強しだして1年半しかたちません。論文が思うように書けないのも無理はなかったのです。

 FIAではTOEFLクラスを7月いっぱい受け、個人指導で中学三年からの文法を特別受講し、高校受験英語論文クラスで英語論文を書き、毎日英語漬けになって勉強をしました。ただ先生の与える宿題を黙々とこなし、ひたすらクラスで真面目に勉強した結果が見違えるような文章を書く英語になりました。


 Sちゃんは狭いFIAではちょっとした被害者でもありました。いつも見かけるので気軽に声をかけて「Sちゃん、ちょうっと隣の部屋と変わってくれない、ちょっと場所がないから待っててくれない、と頼まれてしまうのです。


 ここで改めて謝ります「ごめんなさいね」ベトナムに帰っても論文を書き続けてくださいね。また読ませてください。