TOP > FIA Blog > 2019年04月の小言集
■  2019年04月
2019/04/17 19:04

 小論文の極意は、整理にあります。

 整理とは、問題文の中に点在する情報や、問題文に書いていない情報を秩序立てて整理して、こみだしをつけることです。さらに、これに加えて、書く順番を考え、情報に関連知識を付け加えて、決めた順番通りに書いていけば、小論文が完成します。


 やはりむずかしいのは、情報の整理です。ごちゃごちゃしてどう整理していいかわからないという人は多いと思います、はじめはそうです。だれも初めからは出来ません。


 できないから、FIAがあるのです。FIAで演習問題を数多くこなすうちに、段々と整理する能力がついてきます。


 一緒にFIAの小論文の集中講座で勉強してみませんか。きっと整理能力がつきますよ。

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2019/04/17 13:04

 6月24日より、夏期の小論文集中講座を実施します。受験に必要な小論文の知識と、テクニックを習得する講座です。一般生も、小論文が重要科目となっている入試では、小論文で高得点を取ることが必要です。本講座はそうした一般生でも受講して頂き、実力を高めることができます。帰国生はもちろん、一般生も、電話やメールでお申し込みお待ちしております。また、質問があれば、どうぞ遠慮なくご質問ください。お待ちしています。

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2019/04/16 19:04

 2月くらいからスカイプの講座を皆さんにお勧めしています。多くの皆さんは冬期講習を12月〜1月に受講された方です。冬期講習において、小論文の書き方を習った方が、数多くの問題演習を行うのに最適です。また、、次に帰国するのが6月から7月になるので、書き方を忘れてしまわないかという不安もあります。そうした、不安を吹き飛ばすためにも、スカイプによる小論文は効果を発揮します。

コースは、5回で\43200
(税込)です。


授業時間は、1回1時間。毎回、要約と小論文の課題をあらかじめやってもらい事前にオンラインでの提出をお願いしています。それを添削しPDFなどで送り返します。授業ではこの答案を論評します。併せて、次回やる問題についても十分議論します。さらに時間が余れば、もう1問いっしょに検討します。授業時間中は、考えっぱなしの状態になります。1時間ですが、生徒の準備や現場での集中次第で授業の密度は濃いものとなっています。

どうぞ、ご検討ください。

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2019/04/16 18:04

 観光公害という言葉が聞かれるようになってからしばらく経つ。しかし、ここまで深刻になったのは最近である。京都や奈良だけではなく、最近はFIA周辺でも観光公害の足音がする。外国人用のホテルの1階にあるコンビニには多くの外国人観光客が食べ物を買いに来る。購入したソーセージや、肉まんの包み紙、アイスクリームの残り、ビールの空き缶を、店先や路上に放置するので、常連のお客さんはたいへん不快な思いをする。


 今や、観光公害問題は世界中で問題になっている。オリンピックを前にして、我が国でも対策が待たれるところである。

  []  ▲TOP▲
2019/04/16 18:04

 6月24日(月)より、帰国生の大学受験小論文講座が始まります。小論文が苦手な人は、この期間に書き方を指導するので、書き方のコツを習得してください、また、小論文が得意な人は、たくさん答案を書いて、どんな問題が来ても対応できる真の実力を身につけてください。夏のFIAの小論文講座は、苦手な人にも、得意な人にも対応しています。奮ってご受講ください。

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2019年06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
古川コラム
講師コラム