TOP > FIA Blog > 2018年02月の小言集
■  2018年02月
<<First  1 2  
2018/02/15 16:02

 ピョンチャン五輪がたけなわです。私は、男子モーグルの原大智選手が新鮮で印象的でした。スタート地点できっと恐怖もあったでしょうが、努めて笑顔をつくり、楽しむ姿勢を貫いていましたね。転倒者が多い中で、最後まで自分のパフォーマンスができ、銅メダルをとりました。

 彼も、帰国生なのですね。海外で学びたいと高校1年からカナダ留学をしたみたいです。英語は当初さっぱりわからないし、授業についていけなかったようです。それでも。海外留学経験が生きて、モーグルの選手同士での意思疎通がでがきるし、世界を転戦しても、困るようなことはなくなったようです。

 スキー複合の渡部暁斗選手は英語がとても上手でした。彼は、若いうちから海外に出て競技会をするうちに、英語の必要性を認識して個人レッスンをするなど、かなり勉強をしたのだと思います。

 ジャンプの高梨沙羅選手も、英語の必要性を感じて留学するようです。今後、大学にも行きたいらしいので、帰国生入試を受けるかもしれません。


 FIAでも、過去にニュージーランドへラグビーをするのが目的で高校留学をして、帰国後に一緒に志望理由書、エッセーなどの準備をして、同志社大学の商学部に合格した生徒がいました。彼は、その後、ラグビー部のキャプテンまで務め、日本を代表する通信関連企業に就職したと記憶しています。彼曰く、海外留学の経験が生きて、人をまとめる役目が苦にならなくなったそうです。


 10代の留学は貴重であり、人を人格的に成長させます。どんどん、日本を飛び出して海外にチャレンジしてほしいです。そして、帰ってきたときは、FIA国際教育アカデミーで勉強をして、志望する日本の大学に合格してください。

 FIA国際教育アカデミーは、その時、きっと皆さんの役に立つと思います。

  []  ▲TOP▲
2018/02/10 17:02

看護系の大学でも、帰国生入試があります。

山口大学、北海道大学、兵庫県立大学、日本赤十字広島看護大学などです。ただ、中には、単身留学では受験資格がなかったりします。英語、生物が受験科目にある大学もあります。自分に受験資格があるのか、どんな科目を勉強すればいいかは、FIAに来ていただいて相談して頂ければ、判明します。どうぞ、お越しください。

どこの大学にも小論文は受験科目にあり、これが合否の決め手になります。6月初旬からはじまるFIAの夏期講習でしっかり勉強しましょう。FIAがあなたの眠っている実力を発掘します。

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2018/02/09 17:02

 2018年4月入学予定の方のFIAでの主な実績は以下の通りです。


上智大学 外国学部 ポルトガル語 2名。

法政大学 経済学部 1名


関西学院大学 国際学部 3名、 

同・経済学部 2名、

同・人間福祉学部 1名、 

同・社会学部    1名、

同志社大学 商学部 1名

立命館大学国際関係学部 1名、

同・情報理工学部 1名、

同・経済学部 1名、

関西大学 総合情報学部 1名、

近畿大学 国際学部 1名、

甲南大学 文学部  1名、

同志社女子大学 1名

他2名

今年は、ほとんどの学生が希望の大学に合格してくれて、スタッフは胸をなでおろしています。今後の課題としては、TOEFL,IELTSのハイスコア―を海外で是非取ってきてほしいです。早稲田、慶應、ICUのほとんどの学部では、TOEICを評価の対象にせず、TOEFL,IELTS(一部、IELTSもだめな学部もある)、いずれかのハイスコア―がないと合格を出さないようにしています。特に、これら大学の国際教養学部では、はっきり言って、英語のスコア―で決まります。どうか、みなさんは、海外で少なくともTOEFL 72,IELTS 5.5を目指し、最難関大学をを帰国生入試で合格してほしいところです。
 

  []  ▲TOP▲
2018/02/07 18:02

FIA国際教育アカデミーは、小学生のみなさんの希望にこたえて英検準1級のクラスをこの春、3月26日から4月3日まで9日間開きます。

他ではほとんど実施されていません。

帰国生も、帰国生でなくても、どうぞ、この機会に勉強されてはいかがですか。」

奨学生指導に長けたベテラン講師が、専門性のあるむずかし単語をわかりやすいことばに置き換えて、解説します。


同時にTOEICコースも開いています。

どうぞご期待ください。

  []  ▲TOP▲
2018/02/07 14:02

 今日は、FIA国際教育アカデミーと大手の予備校、塾との違いをお話したいと思います。

 FIAは各地に教室がある大手予備校ではありません。大阪市西区西本町に1教室あるいだけです。先生も、5〜6人いるのみです。ですが、その先生方が、生徒と個人的にかかわってくれます。受験日直前やAO入試の書類提出前になると、一層関わりは深くなります。書けない小論文は書けるまで根気よく指導します。授業時間が来て、「はい、おわり。」と、先生が生徒に背中を向けて帰るような学校ではありません。とても人間的温かみがあって、面倒見のいい学校です。それだけは、自信をもっており、日本一だと自負しています。

 志望校の選択にもとことんつきあって、その人にふさわしいところを探します。必要があれば、学校に電話もかけます。願書不備でつきかえされた生徒さんの場合、大学側の電話での対応が、あいまいだったこともあり、その大学の入試課まで、直談判しに生徒につき添ったこともあります。

 もちろん、大手予備校のように、コンピューターでデータ分析をして、偏差値や合格確率何パーセントなどという、サービスはありません。

 でも、FIA国際教育アカデミーには、生徒を熱くさせる人間力があります。

 そんな、先生、スタッフがそろった予備校・塾です。

 海外で、孤独を感じた方、帰国後まわりに相談できる人がいなくて寂しく感じる方、そして、人と関わる中で勉強を続けたいという方は、小・中・高生・卒業生を問わずFIA国際教育アカデミーに、是非来てください。

  []  ▲TOP▲
<<First  1 2  
2018年03月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
古川コラム
講師コラム