TOP > FIA Blog > 2017年11月の小言集
■  2017年11月
2017/11/25 11:11

2017年度   FIA合格祝勝会

場所:FIA 


日時:2017年12月16日(土)午後12時から2時


参加資格:本年度受講生、来年度の受講予定者 他


会費:無料

その他:立食形式のパーティーとして行います。食べ物飲み物がでます。互いの健闘をねぎらい、新たな門出を祝福します。お互いの親睦を図ります。


みなさん、奮って参加ください。

FIAからは、堀江先生、今本先生、古川先生、そして私、原が参加します。


なお、できましたら、12月2日(土)までに、まだ、出欠の連絡をしていない合格者は、メール、電話にてFIAにご連絡ください。

  [ FIA総合]  ▲TOP▲
2017/11/01 16:11

2019年度向け 大学受験冬期講習予定(詳細は11月15日ごろHPに発表)

日程: 2018年12月4日(月)〜1月19日(金)まで(5週)。

(12月の最後の週、1月の最初の週は休み)


時間: 11時から 2時間ないし2時間半(現在検討中)


 

内容: 小論文週3回(月・水・金) 


期間中計15回の小論文授業と15本以上の論文作成(問題出題者の添削付)


その他: 期間中午後2時より、2時間のTOEIC(10回)及びTOEFL(10回)の小クラスを開講予定(別途費用)


費用: 現在検討中

詳細は11月15日までにホームページ上に掲示します。

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2017/11/01 15:11

各大学の来年度入学に向けた、帰国生入試、AO入試などの結果が続々と入ってきています。FIA出身者の健闘がとても目立ちます。

結論から言いますと、みなさんたいへん健闘なさいました。その健闘の一例をあげましょう。

第1に、上智大学外国語学部・ポルトガル学科へ2名が合格を果たしてくれました。


上智大学は、学部により点数は異なりますが、英語の各種資格試験の点数で英語免除になります。これを前年から準備して、点数を夏までに獲得しておく。あとは小論文の腕前を夏から試験日までに、FIAの本コース(6月から小論文週3回)を受講して必死で上げる。このパターンで効果が上がります。


第2に、関西学院大学へは合計7名が合格を果たしてくれました。この時は、校内に歓声があがり、校内全体が7色の電気が点いたようでした。

関学合格者のほとんどが、前の年度の冬期講習の受講生、夏の本コースの受講者です。とりわけ、文章を書くのが下手な人は、前年の冬期講習から受講して、たくさん小論文を書くようにしました。それが奏功しました。

第3に、立命館大学に1名、関大に2名、同志社大学1名が合格を果たしてくれました。

関大の総合情報学部は、関大で唯一帰国生入試を実施してくれる学部で、人気です。今年も2名が合格してくれました。FIAは対策を毎年行っていますが、この2名はその受講生です。

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2018年02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
古川コラム
講師コラム