TOP > FIA Blog > 2013年04月の小言集
■  2013年04月
<<First  1 2  
2013/04/23 17:04

 昨日埼玉県で帰国生の個人指導をなさっている先生がFIAを訪ねてきてくださいました。先生はかってジャカルタで塾を経営なさっていましたが、今は日本に帰国され、埼玉で塾を経営なさっています。短い間でしたが、ジャカルタの塾事情を聞きました。


 ジャカルタには大勢の日本人駐在員が滞在しているのでその人達の子供のための大きな日本人小中学校があります。しかし日本人高校がありませんので高校生になるときに日本に帰国するか、インターに進学するかです。どちらの場合にも塾がとても大切であったということです。放課後数時間を塾で過ごすというのも当たり前の風景だそうです。そういえば台湾の塾を経営している先生もそのようにおっしゃっていました。子供達にとってとても大切な場所だそうです。

 FIAも塾です。でもずっと通い詰めにする塾ではありません。必要なときに、必要な勉強をする塾です。最近では海外から帰国して2〜3ヶ月通う人は長い方で、1~2ヶ月という方が多くなっています。必要なときに、必要な勉強をFIAを利用してできるのです。その必要度に応じてプログラムを作成いたします。いつでもご相談ください。

  [ 古川コラム]  ▲TOP▲
2013/04/20 18:04

 今日の中学受験クラスは3人で開講でした。鬼は今4人になっていますが一人欠席でしたので3人という小さなクラスでした。静かに静かに授業が進行していたようです。私は先生に貰った今日の作文テーマ2題を今日の欠席者に送りました。即ちクラスワークとホームワークです。


 FIAの中学受験クラスでは毎週2題のテーマでエッセイを書きます。まずクラスで先生と一緒に考え、例など上げながら個人個人のエッセイを仕上げます。そして先生に提出して次回に添削されたものを受け取ります。クラスはじめには前回提出した宿題の添削も受け取ります。先生は毎回2題のエッセイを添削して返してくれるのです。


 
 もちろん欠席しても2題のエッセイは書かねばなりませんので毎週継続的に書くことになるわけです。私はとても厳しいクラスだと思います。編入受験生がいたらリライト〔再提出)が課せられることが多くなります。編入試験が近づくと溜め込んだ宿題の提出をどっさり持ってきます。先生も必死で添削をします。私も読みます。まだまだ上達してくださいと厳しい忠告を与えます。親も子どもも受験を大切に考えて猛勉強していただきます。そして合格していただくわけです。


 今日の欠席者はそんな必要はありません。ただただコース受講生として毎週2題のエッセイを提出せねばならないのです。よろしくお願いします。

  [ 中学受験]  ▲TOP▲
2013/04/19 19:04

 今日は家庭教師をプロとしてなさっている講師の先生と話し込む機会を持ちました。


 プロ家庭教師による指導を受けて随分集中力がつき、成績が上がった話を聞きました。1対1の指導の素晴らしさです。


 一人の先生が一人の生徒に向かって真剣に話せば必ず集中して聞かねばなりません。今までの理解できていない点が見えてきます。また理解できるまで尋ねることができます。塾で率先して問題を解決できない生徒は是非個人指導を受けるべきでしょうというお話でした。


 FIAの生徒さんにも個人指導をお勧めします。受講料が少し高くなる点でいつも引っかかりますが、今後は絶対自信を持ってお勧めしようと強く思いました。 

  [ 古川コラム]  ▲TOP▲
2013/04/17 18:04

 先日HP上から資料請求、問い合わせメールをいただいても返信できないメールがあるお話をこのブログ上でしました。その後最近いただいたメールで返信できない方をできる限り探してみました。


 エージェントさんに問い合わせました。昨年まで同じ地域に留学していたFIA卒業生にも尋ねました。グーグルページにもゆきました。そしてとうとう今日つながりが判明しました。


 少しご無沙汰しているエージェントさんんのお世話されている高校生でした。ほんとに見つかってよかった!日本における秋入学のための大学受験の基本的なことからの質問でしたのでとても気にかかっていた1件ですが、めでたく解決となりました。


 秋入学のための受験準備は受け入れ大学がとても少なく、限られていますので11年生より準備してください。6月ごろまでに十分にに調べてFIAニュースに資料添付をしたいと思います。来年の秋入学を目指す方の参考になればと思います。

  [ FIA総合]  ▲TOP▲
2013/04/13 12:04

 FIAではホームページの資料請求欄から資料請求いただきますと、二三日中には必ずお返事で回答いたします。二三日後に回答を得られなかったら再度ご連絡ください。

 回答が届かないのは問い合わせ欄や資料請求欄に書いていただく請求者のメールアドレスが誤って記入されているからです。請求者の正しいアドレスにしか返信は届きません。

 ハイフォンや数字、大文字小文字何かが違うので届かないのです。FIAでは種々試してみますがどうしても返信できないメールがあります。今週にも一件ありました。とても質問内容が細かくて回答してあげたいと必死に思いました。でもメールは送れませんでした。何度も試みましたが残念なことに回答は届けられませんでした。

 返信メールをもらえない人は必ずもう一度問い合わせてください。メールアドレスを間違えないようにお願いいたします。

  [ FIA総合]  ▲TOP▲
<<First  1 2  
2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
講師コラム