TOP > FIA Blog > 2013年03月の小言集
■  2013年03月
<<First  1 2  
2013/03/23 12:03

 いよいよ4月6日より中学受験英語論文コース鬼を開講いたします。3月に0期を開いていますが、4月からが鬼となっていますのでこれから英語作文方式で受験態勢に入る方にはFIA中学受験コースの受講をお勧めいたします。


 FIAには同志社国際中学をはじめ、関西学院千里国際中学や立命館宇治中学などのA方式受験、即ち入試を英語作文で受ける人のためのノウハウが長年蓄積されてきました。特殊な受験方法ですので是非FIAで受講してその方法を習得してください。


 コースは4月から1月までのほとんどの土曜日に開講しています。秋から参加する方もおられますが、それでは英語論文を書けるようになれない方が多くおられます。直前コースでも必死でエッセイを書いてくださいますが、やはり春から黙々とエッセイの勉強をしてきた受験生には追いつけません。


 毎年もう少し早く相談してほしかったという方があります。春から受講できない方も通信コースの受講で追いつくことも可能です。時々FIAのクラスに参加してみんなの進み具合を観察してください。クラス全参加の人は少なくとも30回は出席して60以上のエッセイを書きます。そこまで書けば大概は合格ですね。さあ、合格を目指して英語エッセイをできるだけ数多く書きましょう。

  [ 中学受験]  ▲TOP▲
2013/03/18 16:03

 先週同志社国際中学高校を訪問して入学センターの先生のお話を伺いました。中学受験生に比べて高校受験生の実績が今年は振るわなかったことを申し上げ、どのような点で力を入れるべきかをうかがいました。

 中学受験生は自分の考えを纏め上げることができればよいのですが、高校受験生は論理的に筋の通った論文を書いてほしいと仰いました。立命館宇治高校のIBコースの受験も同じことをいわれました。 


 
高校受験生は論理が組み立てられた論文を書かねばなりません。FIAの先生方が一番強く求めている点です。「前の文章と繋がりません」「前の段落で言っている事と矛盾します」「理由もなくいきなり書き出しても読者に理解してもらえない」といった添削文が書かれた文章をよく見ます。

 その指摘こそがFIAで受講するに値するものそのものです。論文を書いても読んで添削してくれる先生がいなければどこを直せばよいのか分かりません。英語が書けるというだけで受験したりしないでください。是非FIAの論文コースを受講して論理力を磨き受験ではピシッと筋の通った論文を書くことをお勧めします。

  [ 高校受験]  ▲TOP▲
2013/03/16 17:03

 3年前にFIA必修コースを卒業した人たちは今3回生です。その後の活動を少し聞いてみました。先日訪ねてきてくれたAPU生はただいま就職活動中ですが、関西にいる人たちはどうしているのでしょう。


 大勢が関学の3回生です。M君は関学法学部のロースクールを目指して勉強しているそうです。国際学部に進んだS君は留年だそうです。彼は海外が長く、日本語が不自由でした。志望理由書を書くとき日本語がねじれるので少し苦労しました覚えがありますね。でも英語でなら十分学べるはずですのにクラブ活動に励みすぎたのでしょうか。


 O君は家庭の事情で退学してしまったそうで、残念です!イギリス帰りのK君は真面目に勉強するかどうか心配しましたのに心理学という難解な勉強を楽しんでいるそうです。大学院に進むのでしょう。


 Mちゃんは東京志向でしたが関西にとどまりました。さてその後はどのように活躍しているのでしょうか。関学国際学部は学ぶ場所としてよかったといってくれていましたのでそろそろ就職が決まるのではないでしょうか。一番期待しています。


 留年者あり、退学者あり、留学者ありのFIA卒業生です。まだまだ期待して見守っていきたいものです。

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2013/03/15 19:03

 海外から帰国後英語による教育を継続して受けるために日本のインターに編入している生徒さんが多く見られます。今日もご質問をいただきました。


 インターから同志社国際中学へ進学は簡単でしょうか? インターでの勉強のみでは論文力など伸びるでしょうか? もちろん英語力の維持はできていますので英語での受験は他の受験より簡単ですが、地元の学校に編入した生徒さんと同じく英文でのエッセイ作成はそれなりの訓練が必要です。


 論文力は日本語であっても同じように鍛えないと伸びません。いつもお話いたします。 論文力を訓練してつけて今後の人生で損はしないので良い機会と思ってFIAの中学受験英語論文クラスにご参加くださいとお勧めいたします。


 春のコースも4月6日より始まりますので英語受験の方もインターの方も是非ご参加ください。お待ちしております。

  [ 中学受験]  ▲TOP▲
2013/03/09 16:03

 FIAの2014年度大学受験コースはより受講しやすく期間を変更いたしました。

 
 帰国生特別大学受験は9月の中旬頃行われるところが多く、結果も9月中に出ます。昨年まではじめのコース期間としていた10月の1週間は無駄になる人もありますのでまずは7月から9月までの期間を一つのコースにしました。


 
 昨年も早稲田、慶應に合格したある受講生は9月に受講を終了しました。一昨年も1ヶ月FIAでTOEFLコースを受講した彼は6月にカナダの高校を卒業して大学受験のためにFIAにもどってきてくれました。そして大学受験を成功させることのみを目的に3ヶ月集中して勉強に没頭し、輝かしい実績を残して去ってゆきました。


 3ヶ月で日本の大学への受験勉強をすべて網羅することは難しいことです。それでもそれをやり遂げる意志と努力があればFIAはどこまでもサポートするつもりです。昨年に続く輝かしい結果を三ヶ月未満で出すことは可能です。
それを可能にしてくれるのはFIAの先生です。

  [ コース紹介]  ▲TOP▲
<<First  1 2  
2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
古川コラム
講師コラム