TOP > FIA Blog > 2011年09月の小言集
■  2011年09月
<<First  1 2  
2011/09/28 15:09

 高校留学をする場合エージェント(留学斡旋業者)を通さないで個人的に留学する人が最近多く見られるようになってきました。エージェントの斡旋で留学しても、一年たち、二年たちするうちに言語も上達し、現地での生活に困らなくなるとエージェントから離れる人もいます。


 しかしエージェントを利用するか利用しないかの判別は十分注意してください。FIAの大学受験生ではエージェントの支援がない人に度々書類上の問題が起こっています。そのたびに現地の高校や教育委員会にメールを出したり、電話をしたりせねばなりません。


 生徒のメール一本、電話一本で直ぐ書類をだしてくれる高校や教育委員会は稀と言って過言ではありません。どこまでも自分の英語力を信じて交渉出来れば書類を得ることに成功しますし、どこかで間違えると交渉決裂と言うことになります。


 しかし大学には出願書類といわれるものを揃えて提出せねば受験が出来ません。折角合格を目指して勉強してきたのに結局受験できなかった例もありますので書類請求は要注意です。

 その点、出願書類を揃えるためにはエージェントを利用していると安心ですね。勿論留学中の手続きや教科選択など多くの世話をしてもらいますが、FIAで目立つのは書類取り揃えの面倒を丁寧に見ていただいている人たちです。


 勿論どのようなエージェントでもいいのではありません。本当に安心できるエージェントを探して留学を成功させてください。今は多くのエージェントが存在します。困ったときにどこまでも付き合ってくれる頼りになるエージェントはどうして探せばよいのでしょうか。

 一度付き合いのあるエージェントと話し合ってみようと思います。その結果は乞うご期待となります。

  [ 古川コラム]  ▲TOP▲
2011/09/27 14:09

 2012年度は大学受験コースに中国語圏からの帰国生が3人在席しています。2人が台湾から、1人は上海からの帰国生です。


 受験言語としては勿論中国語と日本語が考えられますが一人台湾からの帰国生は12年の教育がすべて中国語ですのに日本語も英語も受験言語として使えます。関西学院国際学部は英語を使い、FIAでの勉強は日本語小論文を中心に受験英語も勉強してきました。日本語が一番出来ないと言っています。


 今後も中国語圏よりの帰国生が多くなるのなら英語と並んで中国語のクラスも持たねばならないのかと少し心配をしています。中国語で受験できる大学、学部はまだまだ少ししかありません。


 帰国生に人気のある関学でも法学部のみですね。今後はどこが中国語で受験出来るようになるかとても楽しみです。

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2011/09/24 16:09

 中学受験英語論文コース郡が始まり、今日は第3回目の授業でした。 この時期には毎年ですが、授業の前後に一人ずつ面接練習を行っています。


 お母さんかお父さんにもおいでいただき同席してもらいます。お子さんがどのように対応しているかを見ていただくと同時にお母さん方にも質問させていただき、ちょっとしたお話を伺うことを楽しみに面接練習を行います。


 
子供さんより緊張して上がってしまわれるお母さんがおられて微笑ましく思える事があります。すました顔で最後まで子供の答えを聞きながら最後にあれはほとんど間違ってますのよなんて恐ろしいことを言われるお母さんもおられます。


 中でも優しいお父さんが多いのにびっくりします。一つ一つの質問に細かく注意点を書きとめ、練習終了後にはとても仲良く歓談しながらお帰りになります。


 ほんのひと時ですが、ご家庭とFIAが繋がるときを持たせていただくという中学受験コースのとってもいいところです。これから1月まで泣いたり(?)笑ったりの楽しい面接練習を続けてゆきましょう。

  [ 中学受験]  ▲TOP▲
2011/09/22 16:09

 今日9月22日午前9時よりインターネットで関学の帰国生入試結果の発表がありました。FIAにも悲喜こもごもなメールが行きかいました。
 

 商学部の合格を逃したのがとても残念です。今年の商学部受験生は18人と昨年より7人も多い受験者でしたがFIAからはただ一人の受験でしたので大丈夫だろうと思っていたのですが、残念なことに不合格となりました。


 制限条件であるTOEFLも高く論文も上手でしたのに合格を逃しました。高校の成績も良かったのですっかり合格できるものと安心していたのですが、結果は思いがけないものとなりました。


 今年の関学の帰国生入試ではAO方式がはずされましたのですべての学部が帰国生入試というものに統一されました。その結果、受験日が異なればいくつかの学部を帰国生として受けられました。最多で3学部受験が可能でした。FIAからも2学部受験、3学部受験がありました。でも受験学部が多くなると志望理由などを書くに当たっても気持ちが分散してよくありません。


商学部の合格は逃しましたが、結果的には一番学びたいと思う学部に落ち着いたのではないかと思います。めでたし、めでたしです。

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2011/09/21 12:09

 大学受験における2011年最後のコースはオセアニア冬期コースです。今年も12月5日より1月14日まで開講いたしますので、ニュージーランド、オーストラリアに滞在中で来年大学受験を目指す人は是非受講してください。


 受講期間の相談、科目の相談など受け付けていますのでお問い合わせください。スケジュールにつきましては近日中に詳しく発表いたします。英語のみ特訓したい人、小論文とはどんなものか書いてみたい人、日本の大学受験を考える人はご相談ください。勿論TOEFL/TOEICコースでは大学受験に最も必要な英語資格の公式点数を上げることを目指して授業を行います。


 12月から1月中旬まで落ち着いて受験勉強が出来ます。オセアニア地域留学中の方はこの機を逃せば大学受験が難しくなります。参加は最短1週間から受け付けます。少しでも大学受験にはどのように準備すればよいのか理解しましょう。


 英語圏で実際に英語で勉強しているからと言って英語力が自然につくのではありません。話せるからと言って英語力があるとはいえません。どのように準備すればよいのか、どのように出願せねばならないのか、どのようなものを整えなければならないのか、現役受験となる秋の受験のためにはこの冬から準備せねばなりません。


 さあ、FIAで大学受験の準備をしよう!

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
<<First  1 2  
2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
古川コラム
講師コラム