TOP > FIA Blog > 2009年05月の小言集
■  2009年05月
<<First  1 2  
2009/05/28 18:05

 ハワイ在住の方でアメリカの大学に出願時に必要なSATのスコアを上げる勉強をしたいという相談を受けました。


 さて、FIAでは毎年SATの勉強がしたいので指導をしてほしいという人が来ます。FIAにはSATコースを設けていません。
 TOEFLのようにクラスを設けるほど必要者がいないのですが、多い年には3人くらいあります。それぞれ英語力もSAT力も異なります。しかし2〜3人集まって必要なところを必要な指導で進めていきます。勿論日本語で行います。


 しかし今回の電話の方は個人指導を英語でしてほしいそうです。さて可能でしょうか。勿論FIAではバイリンガル講師が担当可能です。点数を上げるための指導ですから英語に置き換えればいいのだそうです。とても難しいバーバル単語を易しい英語で説明し、覚えやすくしたり、TOEFLリーディングやライティングの難解版の英語説明でしょう。


 個人にとって理解しにくい点のみをピックアップして説明してゆくことができるので個人指導はとても進めやすく、また受講しやすいものとなります。効率が良いですね。

 是非SATを個人指導 in Englisy で!

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2009/05/26 19:05

 2年前FIAで数ヶ月間英語の基礎文法を学び、中学2年生で留学した男性がとても英語力がつき、アメリカでの学生生活を楽しんでいます。この9月から有名高校にアプライしてゆくということです。

 彼の例は中学で留学を始める人にとても良い例としてお勧めいたします。


 ここ2〜3年海外に留学した中学生の英語補強の指導をすることが多々ありますが、やはり日本における中学三年間の英語文法をマスターしてもらいます。海外で入ってくる英語シャワーを流しっぱなしにせず、整理して頭に収めるほうが英語理解が早くなり、海外での勉学が進みます。進めば異文化理解が早くなり楽しい留学生活を送ることができます。


 この夏は5人ほどの英語補助でスタッフ川島は時間のやりくりに追われています。でももつれた文法知識を解きほぐす役は大切ですので頑張ってほしいものです。

  [ 古川コラム]  ▲TOP▲
2009/05/20 14:05

 今年は海外に一年留学した方のために夏期コースを次の要領で開きます。


開講期間:  2009年7月13日〜8月14日
  時間:     10:00〜15:00
 受講料:    継続5週間  ¥150,000 
                   (¥33,000/1週間)
 指導科目:  英語、TOEFL、TOEIC、
         小論文、社会時事、
         AO入試書類作成指導、面接練習など


 一年留学で高校三年の夏に帰国しますと秋の大学入試に向けて何をすればよいのかなかなか分からないという声を多く聞きます。一般入試を受験するのに不安な方は特別入試を目指してください。多くの大学で行われる特別入試には英語、小論文面接という形式が多いのでその点で十分な指導をFIAで受け、早めの合格を取りましょう。
 お申込みお待ちしてます。

  [ 大学受験]  ▲TOP▲
2009/05/19 19:05

 昨日同志社海外・帰国生徒教育センター長の坂下先生にお会いしてお話をお聞きしました。


 とても印象に残ったお話は、多くの卒業生がやはり海外と繋がった仕事に就いているということでした。

 FIAでの模擬面接でも多くの方が将来は英語を活かして活動したい、それも世界を見つめ世界に出てゆきたいと答えられますのでいつも頼もしく感じていましたのでそれらが具体化されるお話を伺いたいと思っていましたところ、その道を示した大学生達の声を集めた冊子をいただきました。

 読んでみますと夢の現実化とはこういうことなんだと納得できうれしくなりましたのでその冊子の名前を紹介します。”Mind Expansion"「同志社高校卒業生25人のキャンパスライフ」です。帰国教育センターに行かれたら見せてもらってください。多分頂けるでしょう。


 坂下先生、いいお話をいろいろありがとうございました。

  [ 中学受験]  ▲TOP▲
2009/05/16 18:05

 先日突然子供さんの中学編入または高校受験を考えているお父さんがFIAを尋ねてきてくださいました。海外子女教育振興財団関西分室山下様から紹介されて何はともあれ訪ねてみようということで来てくださいました。


 アメリカから夏の急な帰国を控えて息子さんの学校をどのように決めたらよいのかとても迷ってられました。

 『大学進学を考えてとかより、息子がいかに気持ちよく日本の教育を受け入れ、今までいろんな国で経験した教育をうまく生かした学校生活をしてくれるかが問題です』と仰る言葉を聞いてお望みの学校がみつかり、入れるとほんとに良いなと心より思いました。


 親によっては子供の気持や希望はほったらかしで親が理想とする学校選びになってしまう場合が多い昨今ですが久しぶりに気持ちのよい親の言葉を聞かせてもらいました。

  [ 高校受験]  ▲TOP▲
<<First  1 2  
2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
講師コラム