TOP > FIA Blog > 2008年05月の小言集
■  2008年05月
2008/05/14 19:05

 長かった連休はいかが過ごされましたか。私は高知県の山間部へ森林実習に出かけてきました。


 日本の原風景が残る山間の村のおおきな一軒家に15人で泊まり一日目は早明浦ダムの奥地の山で間伐作業を、二日目は遠くの山の手入れをしました。


 どちらも静かな山奥に入りもくもくと作業をいたします。20メートル、30メートルとある高い樹を伐るので倒れてくるときがとても危険です。伐る前にどちらに倒せば危険が少ないかよく観察してから伐ります。 倒れる前一瞬は怖くて恐ろしいのですが、倒れたときの恐ろしいほどの快感でまた次の作業に入ります。


 山は緑がとても美しく、近くの川は清流で天然のわさびができています。木々の間から空を見上げてひと時息を継ぎます。こんな休暇を年に2回ほどとります。


 皆さんは休暇をどのように過ごしますか。海外に滞在している人たちは旅行をする人が多いですね。海外にいるからこそ簡単に出かけられる隣町、隣の国、観光の名所と時間ができたら旅行をする人が多いようです。


 見てきてください。観察してきてください。お店で話もしてきてください。多くを経験して多くを語ってください。小学生なりに何なんだろうと興味を持って見てきてください。 FIAのクラスに入り何を書こうか考えるとき次第にそれらの経験が思い出されて形になってきます。


 1回2題のテーマで英語論文を書くクラスの授業では考える時間が多くなります。『何故』を今までそんなに集中して考えたことはないでしょう。そして50分以内に500ワードくらいの論文を書いたことはないでしょう。


 考え、それらをまとめ、そして英文で500ワードの論文にまとめる、そんな修練を約9ヶ月積むのです。 もちろん受験のためですが、いつも全コースが終了した後には英語力も上がり、思考力もついたと感謝されます。


 是非中学受験英語論文コースのクラス授業を受講してください。子供から考える少年少女に成長しましょう。

  [ 中学受験]  ▲TOP▲
2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
古川コラム
講師コラム