TOP > FIA Blog > 2008年04月の小言集
■  2008年04月
2008/04/23 18:04

 昨日心斎橋近くに会社があるFIAの卒業生が昼食休憩中に寄ってくれました。


 彼女はカナダに4年ほど留学していて神戸大学に入学しました。昨年卒業後電子部品商社に総合職で就職しました。まだまだ総合職での入社女性は少ない会社だそうです。


 勢い新入社員である彼女の肩に多くの仕事がのしかかってきて今は残業残業で身動きが取れないと嘆いていました。


 こんなにして若く優秀な社員が潰されてゆくのかも知れないのですね。上司が分かってくれない限り彼女の苦労はまだまだ続きそうです。転職という文字がちらついてきます。そちらはなるべく早い方がいいでしょう。早ければ転職は大学での転学部より簡単です。


 さて、日本の大学の場合、転学部は簡単にはできないのでしょうか。


 帰国生受験の場合は推薦入学と同じに扱われますので入学後の転学部は許されません。受験時に四年間続けられる学部を選択してください。


 国内生の場合内申やテストの成績で学部を決める人も多くいますが、帰国生はやりたいことを真剣に考えて決めましょう。


 私はいったいどこで何を学ぶべきなのか決めかねている人はFIAで進路適性を一緒に考えましょう。AO書類作成コースではこの進路への適性がここにあるというものをインタビューや自己分析作業で探します。


 志望学部がはっきりいしない人も同じような作業をすることで学部が決まってきます。四年間学ぶところですので得意な分野を含んでいてほしいものです。職業を選ぶ場合の土台になる学問を選んでください。まだまだ迷っている人の方が多いでしょう。


 どうぞFIAをあなたの将来の進路探しの場にしてください。

  [ FIA総合]  ▲TOP▲
2008/04/18 16:04

中学受験コースが始まります。どんな人が来るか楽しみです。


子供とふれることは本当に楽しくてもいつも勉強になります。そして大人になってから使わなくなって英語の表現や間違いを見ると自分もそうしてたなと懐かしく思うこともあります。小学校6年生なのに、自分の目標に向かって一生懸命にがんばっています。その姿を見ると自分も見習わないといけないなと思ってしまいます。


最近の子供は大人びている人がとても多いですね。私が小学生だった頃はいつも漫画を見ていました。もちろん親と一緒にバラエティーやドラマも見ることもあったけど、漫画がほとんどでした。そんな話をすると「もう子供じゃないもん」といわれることが多く、いつもびっくりします。物知りな子がたくさんいて、小学生のころからそのような本を読んでいることに感心します。

  [ 中学受験]  ▲TOP▲
2008/04/14 19:04

 昨日は恐ろしい悪夢と言うべき現実に出会いました。


 箕面の山越えで美しい花見をしようと横道にそれて土の坂道を下る途中でブレーキをひき、3、 4分後バックで元の道へ戻ろうとしたところが緩やかに前進し続けるではありませんか。慌ててブレーキを強く踏んだのですが、止まらないのです。


 前方は道が曲がっていて崖になっているではありませんか。とにかく緩やかに前進を続けるのでサイドをひく事を思いつきました。とにかく崖の少し手前で止まってくれました。そこでやっとエンジンを切ることを思いついたのです!


 ブレーキの踏み過ぎからきたものかとしばらく休ませていたところが、通りがかりの優しいおじさんに助けられて無事再び山を越えて箕面に帰ってこれました。


 今日修理に出しましたが、どこも異状がないなんて!信じられませんが、アレは昨夜の山中での悪夢だったのでしょうか。


 なかなか手順がうまく進まないのが思いがけないトラブルに出くわしたときでしょう。車を止めて点検すべきことを順序良く進めてゆけなくなってパニック状態を引き起こしていたのですね。非日常な出来事が起こったとき良く経験する現象です。


 3年前の大学入試でY嬢は途中で結論が序論に矛盾することに気がついたのです。慌てて消して書き直そうとしたのですが、時間が足らず結論を書ききれなかったそうです。そして優秀な彼女は私の期待に添えなかったのです。彼女は悪夢を見ていたのでしょう。


 受験者の皆さん、是非論文は日常に十分な練習をしてパニック状態を引き起こさないように構成を練り、論理を立てて書ける準備をしましょう。


 FIAは論文に十分な時間をかけて訓練してもらいます。悪夢を見ないように勉強しましょう!

  [ 論文]  ▲TOP▲
2008/04/11 18:04

 サーバー移転のためブログを更新できないものとばかり思っていてすっかりご無沙汰してしまいました。移転作業は15日からでその後1週間ほど更新できないそうです。よろしく。


 さて、長いお休みの間に日本の東北地方までお花見前線があがってしまいました。関西も関東も先日来の雨ですっかり花びらが落ちてしまいました。


 でも先週日曜日は絶好のお花見日和でした。公園に行ったら桜のしたはびっしり花見客で埋められていました。お花見弁当を広げる家族、バーベキューを楽しむ若いグループ、ゲームを楽しむ子供たちと色々でした。


 やはりお花見にはお花見弁当がいいですね。外国には日本のようなお弁当を楽しむ文化はあるのでしょうか。ピクニックのサンドイッチランチ、バーベキューパーティー、バナナの葉で包んだお弁当などそれぞれに楽しいお弁当気分が味わえるかもしれませんが、日本のお花見弁当は最高ですね。


 きれいなお重につめて、かわいい風呂敷に包んだお弁当を花の下で広げるなんて美しさの極限のようです。それも満開の桜の下で広げられるなんて!味わいもひとしおでしょう。


 今年のお花見会は夜桜を見ました。ご馳走が集まったんですが、暗くてお花見弁当の美を味わうことはできませんでした。来年は是非日本の美を味わいたいものです。

  [ 日記]  ▲TOP▲
2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
古川コラム
講師コラム