TOP >  体験記 TOP >  大学受験 > 2009年度生 > 西田 宗史
  西田 宗史
  オーストラリア/3年半
明治大学 法学部、立命館大学 法学部

私は、オーストラリアに3年半留学していました。いろいろな人からの情報により帰国子女受験が思ったよりも難しいと知り、留学中からひとまず通信で小論コースをやっていました。しかし、面倒くさくなり4回目以降はやっていませんでした。


日本に一時帰国した12月に、私はオセアニアコースに通いました。最初は、なれない授業に戸惑うばかりでしたが、親しみやすい先生方の熱心な指導によって、最初は赤ペンでの添削だらけだった小論文も合格点を貰え、英語でも毎日の単語テストのおかげか成績が上がりました。また、オーストラリアに戻った後も、通信コースの大切さを知り、残りの課題をコンスタントにやり続けることが出来ました。


そして、7月に一時帰国したときに3週間のみオセアニアコースを受講しました。そこでは、大学の願書の書き方を教わり、無事、書き終えることが出来ました。また、小論は原先生になんとかなるやろうと言われるレベルになり、英語ではFIAに入る前は、TOEFL46点しかなかったのが、最終的には75点になりました。


私は、初めに受けた関学に落ち、次に大丈夫かもと言われた学習院も落ちたため、随分気落ちしました。オーストラリアにいた時にもっと勉強をしていればよかったなと後悔もしました。しかし、その後に受けた立命館と明治に立て続けに合格することが出来、めげずに受験し続ける気力の大切さをしりました。


FIAでは、厳しく、優しい、とても良い先生に出会い、塾でありながらもアットホームな感じですごく楽しんで勉強することが出来ました。FIAで勉強して本当に良かったと思います。