TOP >  体験記 TOP >  大学受験 > 2007年度生 > 小谷 紘平
  小谷 紘平
  アメリカ/4年
佛教大学 文学部、京都産業大学 経営学部、甲南大学 経営学部、関西大学 総合情報学部、滋賀県立大学 環境科学建築デザイン専攻

私は、アメリカのニュージャージー州に親の転勤を理由に4年間すんでいました。中学校の頃は特に成績が良かったわけではなく、英語も普通レベルでした。どこにでもいそうな中学生だった私は、いきなり言葉の全く通じない現地校に入って戸惑う事ばかりでした。うまく現地校になじめないまま、日本人と仲良くなり、あまり英語も上達しませんでした。帰国が迫り焦ってTOEFLも受けましたが中途半端な点数しか残せませんでした。そのまま帰国した私は9月入学の大学を2つ受験しましたが結果は不合格でした。そこでFIAに通いだしました。


 FIAにきてみると、アットホームな雰囲気ですぐに友達ができました。みんな海外にいたので個性が強く、自分をしっかり持った人たちばかりで卒業した今でも連絡を取り合っています。少人数での授業なので先生がしっかりケアしてくれて授業以外にも大学の話などを色々聞きました。


 はじめに受けた関学に落ちた私は、3つも落ちたらもうどこにも受からないんじゃないかと想い、アメリカにいた時もっと勉強しておけばよかったと後悔しました。しかし過去の事を言っても時間は戻らないし、次々と合格している友人を見て刺激を受けもう一度がんばって見ようという気になりました。その後5校連続で合格できて、どこの大学に行くかという嬉しい悩みもあります。大学に合格できたのは、FIAで優しく厳しい先生たちに支えられ、またすばらしい友人たちとお互いに励ましあえたからだと思います。