■   2004年度生の体験記
  脇本 綾佳
  アメリカ/2年
立命館大学 産業社会学部、関西学院大学 総合政策学部

中学校卒業後父の仕事の都合で家族でアメリカ、カルフォルニア州のサンノゼ近くの町に引っ越しました。3年後にアメリカンハイスクールの卒業証書を得るための単位だけは落とさないようにしました。現地の高校のバスケのチームに入部したり、ダンスパーティーや学校の行事にもたくさん参加しました。


 急に日本に帰国しなければならないことがわかったので、半セメスターで一年分の単位を取ることになりました。私はとにかく必死で課題やテストに立ち向かいました。そしてあらゆる困難を乗り越えて無事、半年繰り上げ卒業することができた私は、家族と一緒に日本に帰国しました。


 しかしいざ大学受験となっても、TOEFLの成績も満足できるものではく、ましてや小論文など書いたこともありませんでした。そこで私は帰国生専門の塾だというFIAの門をたたきました。まずTOEFL集中コースでTOEFLのスコアを上げ、それから必修コースに入って小論文・英語の勉強を徹底的にしました。


 その甲斐があって第一志望校合格も一番に決めました。アメリカでいろいろな国の人と出会い彼らの文化に接することができ、友情まで結ぶことができた上に志望の大学に合格もでき、得ることの多い高校時代だったと満足しています。

  福田 ひとみ
  アメリカ/1年、カナダ/2年
関西学院大学 総合政策学部

 当初、帰国子女入試は簡単なものであると思っていました。しかし、現実はそんなに甘くはなく海外生活で欠けていた日本語力、文章力が必要だと実感しました。


 アメリカ、カナダで高校時代を過ごしていたときは日本の大学受験に対して特別な勉強は何もしなかったので帰国後、9月からFIAに通い毎日、小論文、英論文を書く練習をしました。とくに国語は昔から苦手分野だったので小論文の過去問をたくさん解き、量をこなしていきました。


 FIAに通いだすのが第一志望校受験日の約3週間前だったのでかなり焦りを感じていましが、熱心な先生方の指導、良き友人達のおかげで乗り越えることができました。本当にありがとうございました。

  飯田 絵里子
  スイス/3年
立命館大学 国際関係学部

 FIAで過ごした受験期間は、想像していた様な、辛く過酷なものではなく、とても楽しいものでした。私は、指定校推薦での、立命館大学入学を希望していて、その為にはTOEFLの成績を50点以上、上げなければいけませんでしたが、TOEFL集中コースと必修コースを受講したおかげで、無事、TOEFLも目標の点数に達することが出来、また、時事問題や小論文の書き方も、丁寧に教えていただいたので、被推薦者に決定した後のレポートも、何の問題もなく、仕上げる事が出来ました。


 実際、私がFIAに通っていたのは、たった2ヶ月でしたが、その間に、自分とはまったく違った環境で生活してきた、たくさんの友達も作ることが出来、勉強以上にも良い思い出を作ることが出来ました。一般的に、受験と言うと、辛いと思われがちですが、気の持ち方で、楽しいものにもなります。私の受験を助けていただいたFIAの先生方には、感謝の気持ちでいっぱいです。

  清水 諭
  ドイツ/5年
広島大学 総合科学部、立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部

ドイツに滞在して約5年、日本の大学受験を志していた僕は、帰国後FIAに入学しました。そこでの5ヶ月間は、非常に充実したものとなり、大学受験に必要な事を凝縮して学ぶ事ができました。そして、夢にまで見た地元広島大学合格という結果を得て今とても満足しています。


 ドイツ滞在中も、メールで受験情報をもらい、また僕にとって一番のネックとなっていた帰国後の住居の問題にも親身になって取り組んでくれました。他にも、受験に向けての勉学はもちろんのこと、面接練習、志望校の相談なども行ってもらい、僕の大阪での生活、そして第一志望校合格と、すべてはFIAのお陰と言っても過言ではないかもしれません。 


 また、FIAには、世界各国からの帰国子女が集まっており、同じ様な境遇で過ごした仲間たちと、楽しく学ぶことができました。長い海外生活から戻り、日本の生活に馴染むまでの間、ここは心地よい場所になるのではないでしょうか。

  上野比沙子
  アメリカ/18年
立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部、三重大学 人文学部、愛知県立大学

アメリカで生まれ育った私が2003年の夏から初めて日本で暮らすことになりアメリカで通っていたカレッジをやめて日本での進学を決意しました。初めは大学の情報が何もなく、どこからどう手を付けたらよいのかわかりませんでした。幸い、インターネットでFIA国際教育アカデミーを知り、FIAに通い、たくさんの情報を得ることができました。


 FIAの先生方はとても親しみやすく、入試を初めて経験する私を暖かくサポートをしてくれました。FIAでできた友達とはランチに行ったり、たまにカラオケに行ったりして、ストレスを発散しました。FIAを修了した先輩方も、遊びに来たときに「ばんがれよ」と勇気付けてくれました。


 しっかりと日本の勉強ができる大学に入学できて、うれしく思います。私にとって今回の受験は非常に貴重で、いろんな意味自信がついたし、経験できて本当によかったです。アメリカへ帰ったら胸をはって友達に「がんばったぞ!!」と言うことが出来ます。受験中は不安だらけでしたが、FIAの暖かな雰囲気とサポートがあったからこそ、乗り越えられたのだと思います。これから受験を経験する皆さん!FIA+気合=合格!! Wohooo♪