■   2001年度生の体験記
  幸田 彩子
  フィリピン/10年、アメリカ/4年、フィリピン/2年
広島大学 総合科学部、大阪市立大学 文学部、関西学院大学 総合政策学部

大学受験の事は何も知らずに帰国し、FIAから大学や学部を紹介してもらい、自分に合った希望の学部を受験することができました。小人数制で様々な国から帰国した気の合ったクラスメートと学べた事もFIAで得た大きな私の財産です。


 又勉強面でも、私の入塾当初の作文を、大学受験に通用する論文にまでみがきあげられた事もFIAのおかげです。大学受験の前の精神的な不安も、仲間と共に乗り越えられました。合格時の喜びをみんなにも経験してほしいです。

  田中 裕子
  アメリカ/3年5ヶ月、ベルギー/4年1ヶ月、イギリス/6年1ヶ月
一橋大学 社会学部、神戸大学 経営学部、滋賀大学 経済学部、横浜国立大学 経営学部

日本の教育を受けたことがなかった私には、ほとんどの大学入学試験にある「小論文」が大きく足をひっぱっていました。最初は書き方もわからず、とまどうことばかりでした。それでも先生たちはあきらめることなく、そういう私にも丁寧に教えてくれ、念願の大学に入ることができました。


 大学面接の時「海外滞在が長いわりには小論文上手にできていますね」と言われた時、本当にうれしかったです。こんな私をここまでのばしてくれたFIAに本当に心から感謝しています。

  岡本 有
  アメリカ/3年
関西学院大学 文学部、立命館大学 文学部

FIAはただの帰国子女の予備校としてだけではなく、同じ帰国子女の人たちとの出会える貴重な場所でした。帰国子女入試という特殊な受験をするという共通の志しと、留学という同じ経験を持った仲間との出会いは今後も僕にとって大切なものであり続けると思います。楽しく受験をできるという点でFIAほどぴったりの場所はないのでしょう。


 古川さんをはじめ、先生方や一緒に勉強をしたみんなが受験というプレッシャーをやわらげてくれました。何より、受験という共通の目的を通し、机を並べて学んだ仲間達が僕にとってかけがえのない友達になったことが素晴らしいです。


 関学の合格発表のときはみんなと抱き合って喜びを分かち合いました。最後に古川さん、チャーリー、こぶ平、岩本先生、ありがとうございました。

  阿部 なおこ
  イギリス/4年、香港/5年
関西学院大学 商学部、立命館大学 政策科学部

私は、FIAを予備校だと思わず学校の延長線のような気分で毎日、楽しく通うことが出来ました。色々な海外体験を持ったクラスメイト達は私に良い刺激を与えてくれ、そしてまた、似たようなBack-ground を持っているという共通点から、お互いを尊重し対等に意見を分かち合うことが出来ました。


 アットホーム的なFIAの先生方のテイクケア−は、とても深いものでした。ありがとう。先生。そして入学当初、いくら努力しても作文調にしかならなかった小論文が、論理的に展開できるまでになったという経験者として、FIAを心より推薦します。受験生諸君!!FIA絶対オススメだよ!!!