TOP >  大学受験 >  TOEFL
103-01 TOEFL/TOEIC  (6/8〜8/28)
コース名 期間 時間 回数 科目 割引価格 標準価格 開講人数
6月 6/8〜7/4 10:30〜12:30 週2回
4週間
  65,000円 68,000円 3名以上で開講
7月 7/6〜8/1 10:30〜12:30 週2回
4週間
  65,000円 68,000円 3名以上で開講
8月 8/3〜8/28 10:30〜12:30 週2回
4週間
  65,000円 68,000円 3名以上で開講

TOEFLを日本語で毎日学ぶことによって英語を確実に理解し、スコアアップを狙いましょう。実際の問題にも挑戦して形式になれておきましょう。


6月:毎回2時間半の勉強をします。TOEFLスコアの必要な大学が多くありますので早めに勉強してスコアを出しましょう。他のコースがまだ始まっていなので、TOEFLだけに勉強時間を費やすことができ、スコアアップがしやすいコースです。TOEFLの問題形式にまず慣れ、解き方のコツをこのコースで身に付けます。


7月:週に4回、2時間半の勉強をします。集中で学んだことを生かし、たくさんの問題にあたります。どのセクションにも必要なリスニング力と読解力を中心に授業を進めていきます。


8月:7月と同様の受講時間数となります。受験前にスコアアップする最後のチャンスとなります。さらにTOEFLの問題をこなします。集中・7月・8月と続けることにより高いスコアが狙えます。

■ iBTのスコアアップはFIAで!

 2006年の終わりに変わったTOEFLの試験制度はiBTと言われ、今まで以上に点数の取りにくい形式になりました。2,3年海外に住んでいる人はスピーキングがあると聞いて「簡単」と思う人が多いようです。でも、実際の試験をよく見てみると、与えられた時間内で課題の構成をし、それを一定時間話すということはとても難しいことです。

もちろん英検のように面接官との、面接形式で行われるのであれば簡単かもしれないのですが、iBTの場合はパソコンの静止画面に向かってマイクを使って話すという形です。

■ Speaking,Reading,Listening!!
 FIAでは、できるだけ同じ形式でスピーキングの練習を行います。時間を計って、与えられた時間内で決められた時間話し続けられるかどうかを練習します。そして話の内容についても確認をし、どういうふうに向上できるかを研究していきます。

リーディングは1つのパッセージが600words〜750wordsあり、20分で読んで、12〜14の問を解かなければなりません。早く読み、理解できることがカギとなります。FIAでは単語を徹底的に調べ、文章をきちんと理解しているか、文法的に分解しながらひとつひとつ文章を確認していきます。これにより読解力、語彙力、文法力の向上がはかれます。

リスニングは5〜6分のレクチャーや会話を聞きます。FIAでは講義の内容やdiscussionなどを理解できているかどうかを確認しながら問題を解いていきます。ここでも単語を徹底的に調べて語彙力UPにつなげます。

■ Writing,Vocabulary,Total Program!!

 ライティングでは2つの問題があり、意見論文と要約論文です。決められた時間内で文章を読み、リスニングをし、その両方の内容を要約します。FIAではリスニングと同様、内容をきちんと理解できているかまた正しく聞きとれているかを確認しながら要約をしてもらいます。宿題で毎回エッセイを書いて、いろいろな課題に慣れ、エッセイの書き方を習得してもらいます。

 TOEFLには絶対に語彙力が欠かせないということで、FIAでは単語練習に力を入れています。生徒一人一人に応じたレベルの単語を学習してもらい、覚えるまで練習せねばならないシステムとなっています。やりっぱなしの単語テストではだんだんやる気がなくなります。FIA独自のシステムで最後まで単語練習をサボれないようになっています。

各受験コースに応じて対策は万全です!

一時帰国中でも英語の継続的勉強を!


留学中に一時帰国した方のために英語力アップの補助をします。英語から少しでも離れてしまうと感覚が鈍りますので、日本に一時帰国している間も定期的に英語に触れることによって身についた英語を維持・向上させて下さい。11年生の夏休み中にTOEFLの勉強をし、より高い点を目指しましょう!


英語補助の詳細はコチラ!